一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

お祝いの花は、

「おめでとうございます!」祝「よかったね!」嬉しい「がんばったね」拍手

という気持ちを伝えたくて贈る花ですから、

明るくて、キレイな色目の花を使います。





お届けする方の好みの花・色などがわかればなおgoodですね。



あまりむずかしく考えることはありませんが、少しだけ注意点を・・・





◎お届けするタイミング



開店や事務所の移転のお祝いは、実は開店当日では迷惑になることも。ムニョムニョ

当日は本当に忙しいと思うのです。



なれないこともたくさんあるし、アクシデントだって・・・



そんな時「お花はどこに置きましょう?」なんてお伺いしても

「あ、その辺に置いておいてくださーい。あとで飾りますから」

なんて言われることが普通です。



前もって連絡を入れて、前日までに届ける。

これが大事です。グッド



また、結婚のお祝いで式場にお花花をお届けしますが

これも時と場合によりけりです。



思いもよらずお花が届き感激・・・ということもあるでしょうが

花嫁さんはとっても忙しいのです。

ゆっくり座っていることなどありえません。



当日はどんな花花が届いたか見ることもできず

そのままハネムーンへ。・・・なんてことも。



やはり、前日までに自宅へと、おすすめします。

皆さん お花を贈られたら・・・ウレシイですよね。フツウは。



でも、贈り方によっては

「贈られて困った」ということもあるんです。





「困った・・」と思っても、贈ってくれた相手には

なかなか言いにくいものです。

贈り主の自己満足に終わったら悲しいですよね。



それに関わった花屋としても悲しいんです。





せっかく贈るのですから、喜んでもらいたい!

感動までもお届けしたい!



そんな望みがかなう贈り方があるんです。

ほんのちょっとの気づかいで・・・できるんです。



そんなお話を少しづつしますね。











PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM